芭蕉が追った西行

芭蕉は西行を敬慕し旅に暮らした。すこしは、私も西行を知りたくなってきた。「よしっ!吉野へ行こう」となった。
b0101118_044551.jpg

東京の桜は終わり3.4日たったが吉野の山桜は5分咲きだった
b0101118_036451.jpg

下の方は車と人で溢れていたお土産やの店先には吉野葛、柿の葉すし、さまざまな土地の物が並べられていた。
b0101118_1154799.jpg

b0101118_03851.jpg

電車、バス、ケーブルカー、又バス降りてから山を50分登る。山奥の西行庵に訪れる人はすくなかった。
b0101118_0553062.jpg
b0101118_0555962.jpg

山道の途中芭蕉の句碑(板)があった、芭蕉が追った証拠物件のように
b0101118_0561838.jpg

b0101118_1183680.jpg

西行庵の前に一人佇んでいた女性がいたのでつい話し掛けてしまった。
目のキラキラした素敵な人で歴史を勉強なさっているそうだ。
こんな山奥まで一人で勉強しに来るとは感心させられた。
[PR]
by senbun | 2008-04-09 23:46 | 気まま


<< 願わくば 花の下にて 1月23日・24日おくのほそ道... >>