松戸戸定邸

千住を通る徳川御三家の水戸藩最後の藩主徳川昭武が明治17年に江戸川を望む松戸の高台に戸定邸を立てました。慶喜もちょくちょく立ち寄った屋敷です。この日は夕焼けが屋敷の客間奥まで差し込み、遠くは富士山、スカイツリーも映し出され,あまりにも素敵な夕暮れの光景に時間を(写真を撮るのも)
忘れてしまいました。
b0101118_0561997.jpg

意外と小さいお風呂
b0101118_0575539.jpg

[PR]
by senbun | 2012-12-19 00:39 | 気まま


<< おせち料理を作る? 鴎外生誕150年 >>