旅の日の会

旅の日の会前夜祭に出席してきました。
5月16日「旅の日」は日本旅のペンクラブが1988年提唱し誕生しました。今年で22回目。
東京・目白椿山荘の会場には、旅にかかわる広いジャンルの方々が日本中から集まられた。
落語家の柳家さん喬が「噺家の落ちのない旅」と題して旅のあれこれを語り「抜けすずめ」という古典落語を披露しました。何度も聞いた事のある題目でしたが、柳家さん喬の演技は新鮮でした。
b0101118_160741.jpg

第1回「旅の日」川柳大賞は、石川県金沢市の雅号・はる美さんこと河島はる子さん80歳の
 「旅に来て 結び直した 赤い糸」
この川柳には、会場あちこちでうなり声があがり私も大変感動しました。
そのご、日本旅のペンクラブ賞が四万温泉協会に贈られました。
椿山荘の料理も良かったですが、四万温泉から会場に届いたローストビーフは表現のしようがないほど旨かったです。宴たけなわのときに翌5月16日第1回江戸東京芭蕉祭の紹介をすることになり、壇上のマイクの前に立つと、こちらを向いている人はいませんでした。それでもめげずに汗をかきかき、第1回江戸東京芭蕉祭のご案内と、旅人に喜んでいただきたい一心で開店した千住宿「お休み処矢立茶屋」の紹介をさせていただきました。
b0101118_16215359.jpg

[PR]
by senbun | 2009-05-15 15:09 | 芭蕉「おくのほそ道」


<< 第1回江戸東京芭蕉祭 アメリカコロラドからおくのほそ... >>