タグ:芭蕉 ( 19 ) タグの人気記事

旅の日の会

旅の日の会前夜祭に出席してきました。
5月16日「旅の日」は日本旅のペンクラブが1988年提唱し誕生しました。今年で22回目。
東京・目白椿山荘の会場には、旅にかかわる広いジャンルの方々が日本中から集まられた。
落語家の柳家さん喬が「噺家の落ちのない旅」と題して旅のあれこれを語り「抜けすずめ」という古典落語を披露しました。何度も聞いた事のある題目でしたが、柳家さん喬の演技は新鮮でした。
b0101118_160741.jpg

第1回「旅の日」川柳大賞は、石川県金沢市の雅号・はる美さんこと河島はる子さん80歳の
 「旅に来て 結び直した 赤い糸」
この川柳には、会場あちこちでうなり声があがり私も大変感動しました。
そのご、日本旅のペンクラブ賞が四万温泉協会に贈られました。
椿山荘の料理も良かったですが、四万温泉から会場に届いたローストビーフは表現のしようがないほど旨かったです。宴たけなわのときに翌5月16日第1回江戸東京芭蕉祭の紹介をすることになり、壇上のマイクの前に立つと、こちらを向いている人はいませんでした。それでもめげずに汗をかきかき、第1回江戸東京芭蕉祭のご案内と、旅人に喜んでいただきたい一心で開店した千住宿「お休み処矢立茶屋」の紹介をさせていただきました。
b0101118_16215359.jpg

[PR]
by senbun | 2009-05-15 15:09 | 芭蕉「おくのほそ道」

アメリカコロラドからおくのほそ道の旅人が来た。

コロラド大学ローレルロッド教授が
おくのほそ道の旅の相談にお出でになりました。
矢立茶屋にて、
b0101118_14381072.jpg

7年前にもコロラド大学院生20人を引き連れて千住にいらした事があります。
そのときは、私の家でお蕎麦を食べて浴衣を10人の女生徒に着てもらい千住の銭湯へなれない下駄を履かせて連れて行きました。
「そのときの感動が忘れられない」と来日前のメールにありましたが、私にとっても、大変楽しい思い出となっておりました。
今年は、7月4日に舟で千住に上陸し総勢16名でおくのほそ道を4週間で千住からぐるり伊勢二見が浦まで旅するそうです。できるかぎりの協力をするつもりです。
[PR]
by senbun | 2009-04-27 14:01 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道千住「矢立茶屋」開店

旧暦3月27日は松尾芭蕉が千住からおくのほそ道へ旅立った日です。
この日に合わせて千住「矢立茶屋」が開店しました。
この「矢立茶屋」は、千住宿のお休み処&ご案内所&ギャラリーです。
、また街道歩きの方、おくのほそ道を訪ねる人達に、お役に立てる情報を提供しています。
当初の営業は、土曜、日曜の午前10時から午後5時までです。
b0101118_21414325.jpg

場所は、やっちゃ場近くの旧日光街道と墨提通りの交差点の所(千住河原町29-5)
[PR]
by senbun | 2009-03-27 21:47 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道

区民が学ぶ・教える・創る 平成20年度 「あだち区民大学塾講座」

     おくのほそ道の旅を楽しむ
 ~松尾芭蕉のタイムマシーンに乗って~ 
11月7日・11月14日の二日間講演を致しました。 
主催学楽の会「リンク」
b0101118_22512.jpg

[PR]
by senbun | 2008-11-14 21:27 | 芭蕉「おくのほそ道」

草加市に曾良像が建立されました。

河合曾良像をつくる会」 (高橋昌夫代表責任者、青柳優実行委員長)が中心になって実現なさいました。
b0101118_22281610.jpg

草加では20年前、市制30周年の記念に芭蕉像を札場河岸公園に作り、今回50周年の記念として旅の供をした、弟子の河合曾良を建立したのです。20年の間お一人だった芭蕉さんは、曾良さんとの再会をさぞやお喜びでしょう。
[PR]
by senbun | 2008-10-26 22:08 | 芭蕉「おくのほそ道」

1月23日・24日おくのほそ道大学と旅・松島

b0101118_13341293.jpg

「おくのほそ道大学と旅」 
地元みやぎ海道交流会のみなさんと楽しく旅してきました
[PR]
by senbun | 2008-02-03 13:38 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道全国ネットの仲間

今日は、黒羽ふるさとを知る会の皆さんが、深川八幡と江東区芭蕉記念館を巡り
千住においでになりました。この会の直箟会長は、芭蕉翁おくのほそ道ネットワークの仲間ですので、気安く案内させていただきました。
b0101118_1744187.jpg

b0101118_17442533.jpg

今日は風もあり大変寒い1日でしたが皆さん普段ボランティアガイドで鍛えているとみえて、くたびれた様子の方は一人もなくにこにこしておりました。

b0101118_18103039.jpg

梨「にこり」
b0101118_18122399.jpg

頂いたジャムもおいしかったです。
[PR]
by senbun | 2006-10-24 17:44 | 芭蕉「おくのほそ道」

10月15日第2回文化解説員養成講座

第2回文化解説員養成講座:NHK首都圏ネットワークに取材されました(16日放送)

南千住小塚原~千住5丁目まで歩かねば千住は語れません。
南千住の通りを「コツ通り」といいますが、
地元郷土史家杉山六郎さんに名前の由来を聞きますと「こつかはら」の「こつ」で
「骨」の「こつ」ではないそうです。刑場があって確かに屍が無残に扱われていたようですが名前の由来は「こつかはら」の「こつ」だそうです。刑場跡
b0101118_1781589.jpg

この辺では一番古い芭蕉句碑千住河原町の山崎鯉陰が建立した。素盞雄神社
b0101118_17145612.jpg

芭蕉さんの前で記念撮影
b0101118_17155986.jpg

次回11月19日は、千住の東西を歩きますお楽しみに。
[PR]
by senbun | 2006-10-15 16:45 | 千住宿

伊賀上野芭蕉祭

60回目芭蕉祭
芭蕉を偲ぶ法要なのだけれども、昭和22年から時雨忌から芭蕉祭としたそうです。
b0101118_23254785.jpg

上野公園俳聖殿では、盛大に式典が行われました。
b0101118_23271914.jpg

全国から集められた俳句から献詠俳句が選ばれた、中でも小学生の作品にいつもながら感心してしまいました。連句も出品ありました、我が、千住塾連句会も来年にはだすぞー。
b0101118_2332335.jpg

芭蕉が作った献立〔月見の膳〕再現
食べてみましたが、感想は・・・いえません
b0101118_23385649.jpg

[PR]
by senbun | 2006-10-12 23:07 | 芭蕉「おくのほそ道」

芭蕉法要に行きすがら、京都嵯峨の落柿舎へ
玄関に、丁度柿が実をなし風情を感じました。
無名庵、幻住庵等と並ぶ芭蕉が好んでこもった庵です。
b0101118_23475.jpg
b0101118_2343971.jpg

[PR]
by senbun | 2006-10-11 22:32