タグ:千住宿 ( 13 ) タグの人気記事

アメリカコロラドからおくのほそ道の旅人が来た。

コロラド大学ローレルロッド教授が
おくのほそ道の旅の相談にお出でになりました。
矢立茶屋にて、
b0101118_14381072.jpg

7年前にもコロラド大学院生20人を引き連れて千住にいらした事があります。
そのときは、私の家でお蕎麦を食べて浴衣を10人の女生徒に着てもらい千住の銭湯へなれない下駄を履かせて連れて行きました。
「そのときの感動が忘れられない」と来日前のメールにありましたが、私にとっても、大変楽しい思い出となっておりました。
今年は、7月4日に舟で千住に上陸し総勢16名でおくのほそ道を4週間で千住からぐるり伊勢二見が浦まで旅するそうです。できるかぎりの協力をするつもりです。
[PR]
by senbun | 2009-04-27 14:01 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道千住「矢立茶屋」開店

旧暦3月27日は松尾芭蕉が千住からおくのほそ道へ旅立った日です。
この日に合わせて千住「矢立茶屋」が開店しました。
この「矢立茶屋」は、千住宿のお休み処&ご案内所&ギャラリーです。
、また街道歩きの方、おくのほそ道を訪ねる人達に、お役に立てる情報を提供しています。
当初の営業は、土曜、日曜の午前10時から午後5時までです。
b0101118_21414325.jpg

場所は、やっちゃ場近くの旧日光街道と墨提通りの交差点の所(千住河原町29-5)
[PR]
by senbun | 2009-03-27 21:47 | 芭蕉「おくのほそ道」

第3回千住まち歩きガイド

第3回千住まち歩きガイド開催します。
日本橋~浅草~千住

日光道中二里八町を歩く

平成21年3月 8日(日)日本橋→浅草
平成21年3月15日(日)浅 草→千住

主催 千住文化普及会

1日目平成21年3月8日(日) 集合 AM10:00  日本橋東側魚河岸跡

コース
日本橋道路元標 →日本橋鮒佐(芭蕉句碑)→小伝馬町(牢屋敷跡)→石町の鐘→
大安楽寺→繊維問屋街→浅草見附跡(城門址)→浅草天文台→駒形堂→一里塚→浅草寺(各自由昼食)→ 浅草神社(三社さま)解散13:30

2日目平成21年3月15日(日) 集合 AM10:00  浅草神社
コース
浅草神社→待乳山聖天→日本堤から泪橋→小塚原刑場跡・千住回向院(ひげ題目)
素盞雄神社(芭蕉句碑)→千住大橋・橋詰テラス→矢立初の芭蕉像→千住宿歴史プチテラス→やっちゃば→昼食遊学庵(千寿葱汁うどん各自負担)→)高札場・一里塚跡貫目改め所跡解散13:30

日本橋                           
b0101118_2364729.jpg
   
浅草
b0101118_241030.jpg

千住
b0101118_2494657.jpg


昨年も大変人気があったコースですので、是非ご参加下さい。
参加費   各1,000円
申し込み  事務局 NPO千住文化普及会 FAX03-3868-3233 足立区千住河原町29-5
[PR]
by senbun | 2009-03-02 03:05 | 日光街道

第1回千住まち歩きガイド

NPO法人千住文化普及会2009年より毎月1回「千住まち歩きガイド」を行います。第1回目として19年1月3日(土)「千寿七福神めぐり」を行います

千寿七福神めぐり
"千住宿歴史文化解説員が無線ガイド機で
ご案内いたします。"
日  時"平成21年1月3日
午前10時~午後1時 雨天決行"
集合場所北千住駅西口交番横
参加費3,000円 お弁当付き
定  員20名

北千住駅10時10分~千住本氷川神社~三丁目氷川神社~元宿神社~千住神社~八幡神社~河原町稲荷神社~(12時30分遊学庵お弁当)~仲町氷川神社(午後2時解散)
申込み先はFAXで番号 03-3868-3233
①お名前
②人数
③連絡先住所
をお知らせ下さい。
[PR]
by senbun | 2008-12-25 23:51 | 千住宿まち歩きガイド

板橋区観光ガイドの皆さんを案内(ガイド)致しました。

12月12日14:00千住大橋駅集合16:10名倉医院前解散
東京都観光プランナー塾で机を並べた板橋の木田さんの紹介で1年前から板橋区観光課からお願いされていた「千住宿町歩き」を12月12日に行いました。参加者は板橋区くらしと観光課職員早川さん、いたばし観光センター森田所長はじめ観光ボランティアガイド21名の皆様でした。ご同業の方々のガイドでしたので、私達千住文化解説員は、緊張のスタートでした。
b0101118_23245453.jpg

今回千住文化普及会では、小型無線ガイド機を導入したばかりでしたが、早速その成果が明らかになりました。
b0101118_23253596.jpg


小型無線ガイド機の大きな利点は、
①全ての方にもれなく解説が伝わる。
②雑踏のなかでも正確に伝える事ができる。
③交通安全の注意が全員に促がせる。
④近隣への騒音防止になる。b0101118_8254320.jpg


b0101118_055435.jpg
参加者の皆さんからもたいへん喜ばれました。
早速いたばし観光センターでも小型無線ガイド機導入を検討しておりました。
b0101118_23321052.jpg

耳につけているイヤホーン
b0101118_23284965.jpg

さすが皆さん観光ガイドさん、たいへん研究熱心でした。

私達千住文化解説員も、板橋宿へお邪魔してお出でになったガイドさん達のご案内ぶりを勉強しに行く事にしました。
[PR]
by senbun | 2008-12-14 23:34 | 千住宿まち歩きガイド

10月15日第2回文化解説員養成講座

第2回文化解説員養成講座:NHK首都圏ネットワークに取材されました(16日放送)

南千住小塚原~千住5丁目まで歩かねば千住は語れません。
南千住の通りを「コツ通り」といいますが、
地元郷土史家杉山六郎さんに名前の由来を聞きますと「こつかはら」の「こつ」で
「骨」の「こつ」ではないそうです。刑場があって確かに屍が無残に扱われていたようですが名前の由来は「こつかはら」の「こつ」だそうです。刑場跡
b0101118_1781589.jpg

この辺では一番古い芭蕉句碑千住河原町の山崎鯉陰が建立した。素盞雄神社
b0101118_17145612.jpg

芭蕉さんの前で記念撮影
b0101118_17155986.jpg

次回11月19日は、千住の東西を歩きますお楽しみに。
[PR]
by senbun | 2006-10-15 16:45 | 千住宿

かたりべ・インタープリター・かけはし

9月10日千住文化普及会第1回講座
千住の文化、歴史を次代につなぐかけはしに
なろうと、20名が参加して行われました。
講師は、足立区郷土博物館の学芸員さんです。
興味深い身近なお話が多くあっという間に時間が来てしまいました。
b0101118_0103832.jpg

[PR]
by senbun | 2006-09-10 10:58 | 千住宿

千住文化普及会の公式ホームページができました

千住文化普及会公式ホームページ
ができましたので、お知らせします。
このブログは、本日以降も千文の個人的な気ままな雑記帳としてこれからも続けますので
宜しくお願いいたします。
[PR]
by senbun | 2006-08-04 22:17

芭蕉翁おくのほそ道ネットワーク おくのほそ道を世界の道へ

6月16日おくのほそ道を繋げようと、ゆかりの地から、活動家、研究者、などが集まりネットワーク結成が決まりました。会の名称は「芭蕉翁おくのほそ道ネットワーク」です。
b0101118_11241864.jpg

[PR]
by senbun | 2006-06-17 11:15 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道全国ネット おくのほそ道を世界の道へ

第1回「おくのほそ道全国ネット」(仮称)の
立ち上げの会議を本日、千住で開きます。


声かけ人は、、
東京千住NPO千住文化普及会 櫟原文夫(私)、
三重県伊賀市芭蕉翁顕彰会理事 
山形県尾花沢市歴史文化研究委員の3名です。

12市町村12名の「おくのほそ道」及び地元まちづくりに
熱心に活動されている方に声を掛けたところ、
9市町村11名の参加状が届いております。

大きな目標は、各地域の意識の引き上げを図り、
「おくのほそ道」を、「世界の道」の一つにすることです。

世界には、シルクロード、万里の長城、ローマへの道など有名な道があります。
芭蕉・おくのほそ道もまた世界的に有名です。例えば、一昨年コロラド大学日本言語学部長ローレル・ラスプリカ・ロッド教授が24名の学生を伴い、おくのほそ道を訪ねてきたように世界の人々から注目され、研究されている。その後も多くの外国からのお客様を見かけます。
ここで、ゆかりの地が連携し、ひとつになって情報を発信し、また外国語の案内などを整備することで、「世界の道」の仲間としてより確かなものにしたいと思います。


多国語サインボード・インホメーション・ほか外国人旅行者を迎えるための
諸準備を整えた上、大手旅行会社、航空会社の皆さんにも
ご協力いただきたいと考えております。
国土交通省や東京都観光部にも相談しアドバイスを頂きます。
「おくのほそ道を、世界の道へと活動をつなげていくのであれば、
芭蕉が歩かれた過去を大切にしていくことに加え、現代にも通じる要素を強調しながら、
旅人として世界に共通する精神的な部分をアピールしていく必要がある」との意見も既に頂いております。この点について十分考慮するつもりです。

More
[PR]
by senbun | 2006-06-16 08:47 | 芭蕉「おくのほそ道」