タグ:お知らせ ( 9 ) タグの人気記事

旅の日の会

旅の日の会前夜祭に出席してきました。
5月16日「旅の日」は日本旅のペンクラブが1988年提唱し誕生しました。今年で22回目。
東京・目白椿山荘の会場には、旅にかかわる広いジャンルの方々が日本中から集まられた。
落語家の柳家さん喬が「噺家の落ちのない旅」と題して旅のあれこれを語り「抜けすずめ」という古典落語を披露しました。何度も聞いた事のある題目でしたが、柳家さん喬の演技は新鮮でした。
b0101118_160741.jpg

第1回「旅の日」川柳大賞は、石川県金沢市の雅号・はる美さんこと河島はる子さん80歳の
 「旅に来て 結び直した 赤い糸」
この川柳には、会場あちこちでうなり声があがり私も大変感動しました。
そのご、日本旅のペンクラブ賞が四万温泉協会に贈られました。
椿山荘の料理も良かったですが、四万温泉から会場に届いたローストビーフは表現のしようがないほど旨かったです。宴たけなわのときに翌5月16日第1回江戸東京芭蕉祭の紹介をすることになり、壇上のマイクの前に立つと、こちらを向いている人はいませんでした。それでもめげずに汗をかきかき、第1回江戸東京芭蕉祭のご案内と、旅人に喜んでいただきたい一心で開店した千住宿「お休み処矢立茶屋」の紹介をさせていただきました。
b0101118_16215359.jpg

[PR]
by senbun | 2009-05-15 15:09 | 芭蕉「おくのほそ道」

第1回千住まち歩きガイド

NPO法人千住文化普及会2009年より毎月1回「千住まち歩きガイド」を行います。第1回目として19年1月3日(土)「千寿七福神めぐり」を行います

千寿七福神めぐり
"千住宿歴史文化解説員が無線ガイド機で
ご案内いたします。"
日  時"平成21年1月3日
午前10時~午後1時 雨天決行"
集合場所北千住駅西口交番横
参加費3,000円 お弁当付き
定  員20名

北千住駅10時10分~千住本氷川神社~三丁目氷川神社~元宿神社~千住神社~八幡神社~河原町稲荷神社~(12時30分遊学庵お弁当)~仲町氷川神社(午後2時解散)
申込み先はFAXで番号 03-3868-3233
①お名前
②人数
③連絡先住所
をお知らせ下さい。
[PR]
by senbun | 2008-12-25 23:51 | 千住宿まち歩きガイド

板橋区観光ガイドの皆さんを案内(ガイド)致しました。

12月12日14:00千住大橋駅集合16:10名倉医院前解散
東京都観光プランナー塾で机を並べた板橋の木田さんの紹介で1年前から板橋区観光課からお願いされていた「千住宿町歩き」を12月12日に行いました。参加者は板橋区くらしと観光課職員早川さん、いたばし観光センター森田所長はじめ観光ボランティアガイド21名の皆様でした。ご同業の方々のガイドでしたので、私達千住文化解説員は、緊張のスタートでした。
b0101118_23245453.jpg

今回千住文化普及会では、小型無線ガイド機を導入したばかりでしたが、早速その成果が明らかになりました。
b0101118_23253596.jpg


小型無線ガイド機の大きな利点は、
①全ての方にもれなく解説が伝わる。
②雑踏のなかでも正確に伝える事ができる。
③交通安全の注意が全員に促がせる。
④近隣への騒音防止になる。b0101118_8254320.jpg


b0101118_055435.jpg
参加者の皆さんからもたいへん喜ばれました。
早速いたばし観光センターでも小型無線ガイド機導入を検討しておりました。
b0101118_23321052.jpg

耳につけているイヤホーン
b0101118_23284965.jpg

さすが皆さん観光ガイドさん、たいへん研究熱心でした。

私達千住文化解説員も、板橋宿へお邪魔してお出でになったガイドさん達のご案内ぶりを勉強しに行く事にしました。
[PR]
by senbun | 2008-12-14 23:34 | 千住宿まち歩きガイド

千住文化普及会の公式ホームページができました

千住文化普及会公式ホームページ
ができましたので、お知らせします。
このブログは、本日以降も千文の個人的な気ままな雑記帳としてこれからも続けますので
宜しくお願いいたします。
[PR]
by senbun | 2006-08-04 22:17

川の日7月7日

防災に役立つ川、舟運を、いざという時に機能させるには普段から川に親しみその存在と利用法を周知させなければいけない、だから地域の人々がもっと川に近づける拠点が必要だ、そこで全国に「道の駅」を普及した田中さんが、「川の駅」を作ろうと活動している。
b0101118_10563669.jpg

船の中では、港湾に関わる仕事をされた高見さんが大変詳しい解説をされた。とりわけ河川法と港湾法の相反するところの話は、皆興味深く聞き入った。
b0101118_119091.jpg

b0101118_1193735.jpg

b0101118_11101342.jpg

ドラゴンレースの練習
b0101118_11112520.jpg

東京都が運営「夢の島マリーナ」現在600隻以上利用している
b0101118_1112366.jpg

b0101118_1115392.jpg

[PR]
by senbun | 2006-07-09 10:26 | 千住大橋

芭蕉翁おくのほそ道ネットワーク おくのほそ道を世界の道へ

6月16日おくのほそ道を繋げようと、ゆかりの地から、活動家、研究者、などが集まりネットワーク結成が決まりました。会の名称は「芭蕉翁おくのほそ道ネットワーク」です。
b0101118_11241864.jpg

[PR]
by senbun | 2006-06-17 11:15 | 芭蕉「おくのほそ道」

おくのほそ道全国ネット おくのほそ道を世界の道へ

第1回「おくのほそ道全国ネット」(仮称)の
立ち上げの会議を本日、千住で開きます。


声かけ人は、、
東京千住NPO千住文化普及会 櫟原文夫(私)、
三重県伊賀市芭蕉翁顕彰会理事 
山形県尾花沢市歴史文化研究委員の3名です。

12市町村12名の「おくのほそ道」及び地元まちづくりに
熱心に活動されている方に声を掛けたところ、
9市町村11名の参加状が届いております。

大きな目標は、各地域の意識の引き上げを図り、
「おくのほそ道」を、「世界の道」の一つにすることです。

世界には、シルクロード、万里の長城、ローマへの道など有名な道があります。
芭蕉・おくのほそ道もまた世界的に有名です。例えば、一昨年コロラド大学日本言語学部長ローレル・ラスプリカ・ロッド教授が24名の学生を伴い、おくのほそ道を訪ねてきたように世界の人々から注目され、研究されている。その後も多くの外国からのお客様を見かけます。
ここで、ゆかりの地が連携し、ひとつになって情報を発信し、また外国語の案内などを整備することで、「世界の道」の仲間としてより確かなものにしたいと思います。


多国語サインボード・インホメーション・ほか外国人旅行者を迎えるための
諸準備を整えた上、大手旅行会社、航空会社の皆さんにも
ご協力いただきたいと考えております。
国土交通省や東京都観光部にも相談しアドバイスを頂きます。
「おくのほそ道を、世界の道へと活動をつなげていくのであれば、
芭蕉が歩かれた過去を大切にしていくことに加え、現代にも通じる要素を強調しながら、
旅人として世界に共通する精神的な部分をアピールしていく必要がある」との意見も既に頂いております。この点について十分考慮するつもりです。

More
[PR]
by senbun | 2006-06-16 08:47 | 芭蕉「おくのほそ道」

5月23日千住文化普及会準備会

5月23日千住文化普及会準備会
6時30分より 
終了後オフ会あり
遊学庵にて

出欠連絡メールまたは、FAXください
[PR]
by senbun | 2006-05-20 13:00 | 日光街道

参加者募集 日光街道今昔探訪 日本橋から千住宿約10km

今昔日光街道一緒に歩きましょう

日本橋から千住宿(約10kmゆっくり歩いて4時間)
5月28日(日)集合:日本橋東側魚河岸跡 出発午後1時30分

日本橋は芭蕉にとっても俳諧の宗匠としての出発の地です

日本橋から千住まで歩いてみると、江戸時代の千住宿の位置関係と、どんな役割をしてきたのかがよく判ります

参加費   資料代、保険料として500円
申し込み  事務局 NPO千住文化普及会 03-3881-3232 イチハラ
[PR]
by senbun | 2006-05-19 13:20 | 芭蕉「おくのほそ道」