カテゴリ:気まま( 10 )

久々の更新

b0101118_12085595.jpg

こんな夕焼けは初めて
[PR]
by senbun | 2015-07-13 19:16 | 気まま

集まり

子ども達が孫連れて集まりました。
b0101118_2012730.jpg

[PR]
by senbun | 2013-02-11 19:39 | 気まま

薬師温泉

b0101118_19103519.jpg

薬師温泉 体に良いと聞く


b0101118_19131471.jpg

鐘突くと縁起が良いと聞く
b0101118_19144453.jpg

食事がよかった。いいとこでした。
[PR]
by senbun | 2013-01-07 10:03 | 気まま

行きたかった東照宮

徳川家の「御籠」に乗って、久能山東照宮へ初詣
b0101118_20432464.jpg

驚きました。このロープウェイ上から下へ向かうのです。
出発:日本平駅→到着:久能山駅
目的地のほうが低いところにあるのです。珍しいですね。
b0101118_21283851.jpg

b0101118_214103.jpg
b0101118_21422276.jpg


家康が最初に埋葬された久能山東照宮.

b0101118_21311934.jpg

埋葬された奥社の宝塔は西の方角に向けて建てられています。
この方角は春秋の彼岸の日没の方向に一致するそうです。

彼岸ではないですが、日没の時間でしたのでその方向へ目をを向けると素敵な景色でした。

b0101118_2135968.jpg

[PR]
by senbun | 2013-01-02 20:54 | 気まま

おせち料理を作る?

亀有「木楽」でおせち料理を手伝ってきました。
若いスタッフさんと一緒に日本の伝統料理(ちょっと大げさ)を作ったのです。
b0101118_21505819.jpg

b0101118_21512713.jpg

b0101118_2157467.jpg

[PR]
by senbun | 2012-12-31 21:59 | 気まま

松戸戸定邸

千住を通る徳川御三家の水戸藩最後の藩主徳川昭武が明治17年に江戸川を望む松戸の高台に戸定邸を立てました。慶喜もちょくちょく立ち寄った屋敷です。この日は夕焼けが屋敷の客間奥まで差し込み、遠くは富士山、スカイツリーも映し出され,あまりにも素敵な夕暮れの光景に時間を(写真を撮るのも)
忘れてしまいました。
b0101118_0561997.jpg

意外と小さいお風呂
b0101118_0575539.jpg

[PR]
by senbun | 2012-12-19 00:39 | 気まま

久しぶりに!!

休日に、チョット見物にでかけました。
b0101118_2284670.jpg

復元→復原だそうですね。。。「東京駅」庶民の駅ではないです。
b0101118_2223364.jpg


そうそう・・・いい写真がとれたんです。
国分寺の殿ヶ谷戸庭園よかったぁ
b0101118_2218287.jpg

   紅葉狩りどっこい金魚も化粧して
[PR]
by senbun | 2012-12-05 22:24 | 気まま

梅の香りに誘われて小田原へ

北千住発青いロマンスカーで小田原に直行
b0101118_22261688.jpg

車両が新しくきれいで得をした気分
b0101118_2230506.jpg

「お休み処なりわい」で100歳のお年寄りが作ったお雛様を2つ頂いて感激!益々のご健勝を
b0101118_23239100.jpg 
b0101118_2325965.jpg


小田原城の猿達「見ざる言わざる聞かざるしてます」
b0101118_2383599.jpg

お城のお姫様がお忍びで散歩か
b0101118_2313314.jpg

小田原城をあとにして曽我の梅林へ向かう途中天神様の芭蕉句碑に寄る。
b0101118_23195843.jpg

b0101118_2319884.jpg


いよいよ曽我の梅林、駅に着いた途端もう梅の香りで最高の気分
b0101118_23235823.jpg
b0101118_2324265.jpg

天気にも恵まれよい一日でした。
[PR]
by senbun | 2009-02-14 22:14 | 気まま

願わくば 花の下にて

b0101118_149194.jpg
「願わくば 花の下にて 春死なん その如月の望月のころ」
この歌のとおり、西行が大阪府の南河内町の弘川寺で亡くなったそうで、何とも運が良い歌人でしょう。

弘川寺は桜の桃源郷だった
b0101118_141535.jpg
b0101118_1502197.jpg


裏山山頂付近に西行の草庵がある
b0101118_150532.jpg

[PR]
by senbun | 2008-04-11 01:52 | 気まま

芭蕉が追った西行

芭蕉は西行を敬慕し旅に暮らした。すこしは、私も西行を知りたくなってきた。「よしっ!吉野へ行こう」となった。
b0101118_044551.jpg

東京の桜は終わり3.4日たったが吉野の山桜は5分咲きだった
b0101118_036451.jpg

下の方は車と人で溢れていたお土産やの店先には吉野葛、柿の葉すし、さまざまな土地の物が並べられていた。
b0101118_1154799.jpg

b0101118_03851.jpg

電車、バス、ケーブルカー、又バス降りてから山を50分登る。山奥の西行庵に訪れる人はすくなかった。
b0101118_0553062.jpg
b0101118_0555962.jpg

山道の途中芭蕉の句碑(板)があった、芭蕉が追った証拠物件のように
b0101118_0561838.jpg

b0101118_1183680.jpg

西行庵の前に一人佇んでいた女性がいたのでつい話し掛けてしまった。
目のキラキラした素敵な人で歴史を勉強なさっているそうだ。
こんな山奥まで一人で勉強しに来るとは感心させられた。
[PR]
by senbun | 2008-04-09 23:46 | 気まま