10月15日第2回文化解説員養成講座

第2回文化解説員養成講座:NHK首都圏ネットワークに取材されました(16日放送)

南千住小塚原~千住5丁目まで歩かねば千住は語れません。
南千住の通りを「コツ通り」といいますが、
地元郷土史家杉山六郎さんに名前の由来を聞きますと「こつかはら」の「こつ」で
「骨」の「こつ」ではないそうです。刑場があって確かに屍が無残に扱われていたようですが名前の由来は「こつかはら」の「こつ」だそうです。刑場跡
b0101118_1781589.jpg

この辺では一番古い芭蕉句碑千住河原町の山崎鯉陰が建立した。素盞雄神社
b0101118_17145612.jpg

芭蕉さんの前で記念撮影
b0101118_17155986.jpg

次回11月19日は、千住の東西を歩きますお楽しみに。
[PR]
by senbun | 2006-10-15 16:45 | 千住宿


<< おくのほそ道全国ネットの仲間 伊賀上野芭蕉祭 >>